穴場お花見スポット『牧野公園』

 

 

お花見の時は少し良いお酒を準備してしまいます。YUKです。

今回はお花見シーズンももうすぐということで、僕が毎年一人でもふらっと行ってしまうオススメスポットを一つ紹介していきたいと思います。

 

 

意外と知られていない穴場

今回は高岡郡佐川町の『牧野公園』に行ってきました。

 

所在地:高岡郡佐川町甲(奥の土井) 

アクセス:JR佐川駅から徒歩10分。創業400年司牡丹の酒蔵の通りを抜けると、登り口があります。

桜のシーズン:3月下旬~4月初旬(ぼんぼり点灯22時頃まで)

 

 

優しく甘い香りに包まれる酒蔵通り

牧野公園までは緩やかに整備された山道になっているのですが、登り口前は古民家カフェや“司牡丹”の酒蔵が並ぶ通りになっています。

お花見シーズンは酒蔵からのお酒の甘い香りが通りを包んでくれていて、一層風情を感じさせてくれます。

 

 

 

植物公園で満開の桜に囲まれるお花見

牧野公園は、佐川町出身の植物学者“牧野富太郎”さんが当時高知県にはなかったソメイヨシノを植えたというヒストリーもあり

桜並木だけでもかなり風情があふれまくってます。

 

のですが、

博士が発見した植物を始め、山道沿いにたくさんの山野草などが植わっていて、自然の形に近いちょっとした植物園になっています。


 

写真を撮るのが好きな方なんかはもうそれだけで、めちゃくちゃ楽しんでもらえるんじゃないでしょうか。

僕はスマホ片手に一時間半くらい歩いてました…

 

 また公園には“物見岩”があり、町内や山道の桜を一望できたり、他の名所とはまた違った楽しみ方をしてもらえると思います。

※物見岩は結構高さのある天然の岩ですので、あまり自信のない方は控えることをおすすめします。僕は高所恐怖症なので怖かったです。まじで。

 

  

さいごに

美しい景色の中でお酒を楽しんだり、お弁当を持って家族やパートナーとお弁当を持ってピクニックに来たり、カメラ片手に散策してみたり…

休日にゆったりとした時間を過ごすのにも、少しアクティブに動くにも、他のスポットとは違った楽しみ方があるので今年は、皆さんも牧野公園にお花見に行ってはいかがでしょうか。

 

ちなみにお酒や食べ物は、山道を少し登った広場で買えたりするので、手ぶらでも全然いけます。

山道手前にある古民家カフェもすごくゆったりと過ごせたので、お酒を飲まない方は小休止にふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

(今後こちらも記事で詳細書こうかなって思ってます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です